読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のための子どもの本の読書会

向島こひつじ書房が主宰する読書会ブログ

星の王子さまは宇宙規模!? 第2回読書会ご報告

読書会報告

今回集まったのは定番の内藤訳と新顔の河野真理子訳。

1か月の夏休みをはさんで、久しぶりの読書会でした。
今回は、男性たちも参加して下さいました。
星の王子さま』は性別世代を問わず、幅広い人気があるようです。

参加者に人気だったのは、王道の内藤訳でした。
古風でありながら、なぜか心に残る言い回し。
この訳なくしてはというところでみんなの意見が一致しました。
必ずしも正しい訳が心に響くわけではないという翻訳の機微を、
図書館から借りた様々な翻訳を読み比べて実感する場面もありました。
(それにしても、辛酸なめこの訳は驚きの「超訳」。
企画ものとしてインパクト十分でした。絵もご本人のものです。
著作権の保護期間が切れると、著者にとっては、何が起きるかわかりませんね。)

冒頭に出てくる「ゾウをこなしているウワバミの絵」(内藤訳)
の「ウワバミ」談義でひとしきり盛り上がりました。
河野訳では「ボア」となっています。
「ボアっていったい何?」
フランス語の原文を確かめると、本当に「boa」なんですね。
「ボア」は大蛇の総称か? あるいは種類のひとつ?
まったく馴染みのない「ボア」に一同、ううむ。

星の王子さま』はメタファーやたとえ話が多く抽象的な内容なので、
読書会の題材としては難しいのを感じました。
というのも、
本の話を通して、自分の心の内、思いを話す方向になるからです。
つまり、かなりの自己開示を求められる。
心を光で照らされて、
心のありようをさらされるような本。
これって、大人の世界では日常的にあることではないかもしれませんね。

だからこそ、
子どもの心をどれだけ持ち続けているのか試される本と言われるのでしょう。
その意味が、話し合いを通して少しは見えてきたように感じました。

星の王子さま』は、
アメリカに亡命中の著者が、
NYの出版社にクリスマス企画として依頼された本だそうです。
小さな星から来た王子さまが、
物語の最後、自分の星に帰るためにいのちを落とす。
この最後のエピソードの意味について、
各自、宿題をもらったような気がしました。

星の王子さま』を、以前にも増して好きになった、
という意見を最後に聞かせていただき、
こひつじこすみ共々、ほっとしました。

参加下さったみなさん、ありがとうございました。

Reciep♯2 宇宙ゼリー

星の王子さま』は聖書の次に世界で売れている本だというふれこみ。真偽はともかく、聖書をふだん読んでいるこひつじが今回読み返してびっくりしたのは、王子さまの話すことばには、聖書の内容との類似が多いこと。普遍性は宇宙規模!? というわけで、こすみが作ってくれたのは「宇宙ゼリー」なのでした。ちりばめられたブルーベリーの粒。もちろんこれはたくさんの小さな星ですよ。
少し中華っぽいところはご愛嬌です。お茶はローズティーをお出ししました。なぜローズか? 『星の王子さま』を読んで答えを探してみてください。ふふ。
(文責:向島こひつじ書房)

次回は、特別企画になります。「ふるほん日和」関連イベントとして、読書会は『モモ』を読みます。☆詳細はこちらふるほん日和

10月29日(土) 13:00〜15:00 会場:こすみ図書
要申し込み booksheepbook@gmail.com にご連絡下さい。

ぜひ、今から読み進めておいて下さい。みなさんのご参加をお待ちしています。

10月23日(土) は「ふるほん日和」の参加企画として、
ブックツリー(読まなくなった本と本のとりかえっこ) 11:00〜17:00
紙芝居 14:00〜、16:00〜 いずれも会場:こすみ図書

詳細はまたブログとtwitterでお知らせします!