読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のための子どもの本の読書会

向島こひつじ書房が主宰する読書会ブログ

緊急 ! 『赤毛のアン』の作者L.M.モンゴメリゆかりの品をオークション売却から救い出そう

読書会報告 赤毛のアン

www.indiegogo.com

日本のアンファンのみなさま、赤毛のアン研究家の奥田実紀さん ( Miki Okuda ) が、私たちにもできることを日本語でわかりやすく説明してくださっています。ぜひご一読ください。シェアも歓迎です。

 

(以下、奥田さんの FBでの記事から転載。ご本人に了解済みです)
 昨日の日記に書いた、<a href="https://www.indiegogo.com/…/save-the-l-m-montgo…/x/11440294…">赤毛のアンの作者L.M.モンゴメリの祖父の家の品々を守るための募金活動</a>。多くの方の反響をいただきました。
 なんとかしたいけれども、英語のページがよくわからない、寄付したいけど小額でもいいの?、よくわからない英語のページから寄付するのは不安……などなど。そもそも何の募金?という疑問もおありかもしれません。
 私がこのページ自体を和訳するのはできないので、簡単に以下に記してみます。
 プリンス・エドワード島にあるモンゴメリの祖父の家(L.M.Montgomery Heritage Museum)は、赤毛のアンの作者モンゴメリの祖父の代から6代にわたって続いてきた由緒ある家です。作者が赤毛のアン・シリーズで描写した陶器のペアの犬の置物「ゴグとマゴグ」のオリジナル(現存するのはマゴグのみ)のオリジナルが残っており、他にもモンゴメリの他の作品に出てくる小物が保存されており、博物館として公開してきました。しかし、博物館を継続するのを断念せざるをえなくなり、長年閉じられたままになっていました。
 そしてとうとう、モンゴメリ家ゆかりの貴重な品は、7月25日、オークションで売却されることが決まりました。誰が落札するかわかりません。最悪は、このプリンス・エドワード島から流出してしまうかもしれません。モンゴメリはこの島だけでなく、カナダの誇る、世界的に有名な作家であり、その関連品が他へ出て行ってしまうのは、なんとしても避けねばなりません。
 プリンス・エドワード島州立大学(UPEI)の、モンゴメリ研究所(協会、とも訳されます)は、モンゴメリ研究、モンゴメリ関連品の買い取りや保存を行なってきました。そこのコレクションに加わることが、一番よいと考えた、モンゴメリ博物館のファングループが、買い取り資金の募金を呼び掛けています。自分達ファンが買い取った品を、モンゴメリ研究所に託す、ということですね。
 
 大学がコレクションしてくれれば、見たい人は大学に申請すれば見ることができますし、個人の楽しみのためだけに使われない、悪用されない、大学は研究する場ですから、モンゴメリ研究にも大いに役立つ、ましてモンゴメリの故郷である島の大学 が保管・管理をするということが何よりも望ましいと思います。
 たとえば一人が5000円寄付するとして、寄付する人が100人集まれば、50万円。1000人集まれば500万円(この研究所の目標額がこれです)集まり、かなりの数のモンゴメリ家ゆかりの品を購入することができます。
 私はこのファングループとは直接の関係はありませんが、私がこうした募金サイトを作れるわけではないので、同じファンとして、力になれればと、寄付をするつもりです。ちりもつもれば、大きな力になるでしょう。
 このグループには、『赤毛のアンの宝石箱』(金の星社)『赤毛のアンクリスマス・ブック』(東洋書林)の作者、キャロリン・コリンズさんも入っておられ、寄付金を手にオークションに参加くださるそうです。
 <a href="https://www.indiegogo.com/…/save-the-l-m-montgo…/x/11440294…">このページから</a>寄付いただくのでもいいのですが、不安な方は、私が寄付する額にみなさんの希望額をプラスして送金することもさせていただきます(あくまでボランティアとして)。ご興味のある方はメールをください。ここにメルアドを書きこむと、迷惑メールが山のようにくるので、申し訳ありませんが、私の<a href="http://www.geocities.jp/writermiki_okuda/">ホームページの左側</a>、下のほうに「お問い合わせ」の文字がありますので、これをクリックしてメールをお願いいたします。あるいは、<a href="https://www.facebook.com/miki.okuda">私のフェイスブックから</a>「メッセージ」のところをクリックしてメール送信もできます。21日に送金しますのでそれまでにお願いいたしますm(__)m
 ご自分でトライされる方のために。<a href="https://www.indiegogo.com/…/save-the-l-m-montgo…/x/11440294…">このページからの寄付の仕方</a>を、途中までやってみましたのでご説明します。まだ私は寄付はしておらず、どんな感じで進むのか、途中まで見た範囲です。
 右側に「YOUR CONTRIBUTION(あなたの寄付)」という空白のスペースがありますので、そこに寄付したい額(カナダドルで入力ください。1カナダドル=約100円)を入力します。そして、その下のピンク色の「CONTRIBUTE NOW(今すぐ寄付する)」という四角い部分をクリック。すると、INDIEGOGOにアカウントがあるか、あるいはフェイスブックにアカウントがあるかを聞くページになります。(どちらかでのログインになるのだと思います)私はフェイスブックがあるのでそこからはいりました。なければアカウントを作るんだと思いますが、作らなくてももしかしたら進めるかもしれませんがそこまで確認していませんでした、すみません。
 次に、その額でいいですか、という確認画面が出てきますので、その額を確認します。変更するなら変更してください。左下に「Hide my name on the campaign page(ページ上に寄付者としての自分の名前を入れないでほしい=匿名でお願いしたいということ)」というチェック項目がありますので、匿名希望の方はここにチェックを入れます。
 その後、COTINUE TO PAYMENT を押します。寄付の仕方は、クレジットカードか、ペイパルかを選べます。住所と名前などを入力し、クレジットカードの場合は「CONTRIBUTE(寄付)」を押しておそらく完了。ペイパルの場合は、GO TO PAYPALを押して、ペイパルの確認画面に行きます。
 以上です。

 

 

以下、奥田実紀さんの HPにリンクしておきます。

http://www.geocities.jp/writermiki_okuda/