読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のための子どもの本の読書会

向島こひつじ書房が主宰する読書会ブログ

「『赤毛のアン』を大人読みする」報告と新刊のご案内

「『赤毛のアン』を大人読みするミニワークショップ@ひきふね図書館」終わりました。

今回もまたアンがつないでくれたすてきな出会いに恵まれました。改めてアン・シリーズを読み返してみると、アンは人をつなぐ名人ですよね。ときにはお節介のし過ぎで手痛い目にもあうところが、いかにもモンゴメリらしい筋運びで笑わせてくれます。今年はアンのイベントが各地で開催される様子で楽しみです。こひつじもなるべく参加してみたいと思っています。

 

さて、こひつじの新刊、いよいよ4月半ばに発売します。

タイトルは『アンの愛した聖書のことば-『赤毛のアン』を大人読み』(いのちのことば社)。4月中にはAmazonオンライン書店で予約受付される予定です。100年以上経てもなおアンが愛される理由を、人の変わらぬ真理から読み解いてみました。え、聖書? と思われるでしょうか。モンゴメリが牧師と婚約時代に書いたアンということで、やはり全体に流れるものには、聖書の教える愛が。読みやすくエッセイ風に書きました。読書会の開き方を紹介したり、モンゴメリや翻訳家・村岡花子さんの生涯の紹介もあります。アンを好きな人はもちろん、アンの初心者の方にも親しめる内容となっています。きっと元気出ますよ! Anne Yearのこの年、『赤毛のアン』とともに、ぜひお手にとってみてください。

 

f:id:kohitsuji_kosumi:20140329143143j:plain

植本祭」ということでこんなディスプレイが。まちライブラリーの活動のいっかんです。ぬり絵のワークショップ、楽しそうでした。

f:id:kohitsuji_kosumi:20140329145909j:plain

f:id:kohitsuji_kosumi:20140329150006j:plain

アンのワークショップの写真をすっかり撮り忘れていました。開館1周年となるひきふね図書館のプロジェクトコーナーで行われました。今年も夜の絵本の読書会を予定していますのでこちらもお楽しみに。