読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のための子どもの本の読書会

向島こひつじ書房が主宰する読書会ブログ

読書会報告 その2『あしながおじさん』を‘女子読み’する

次回の募集始まりました。
課題図書は『完訳ハイジ』です。 残席1名となりました。満席御礼。
詳細はカテゴリーの「イベントご案内」をご覧下さい。

Daddy-Long-Legs and Dear Enemy (Penguin Classics)

Daddy-Long-Legs and Dear Enemy (Penguin Classics)

大人読みについて書こうと思っているうちに日々は過ぎ、
ときめきは日常にブレンドされつつあります。
おっと、いけません。
もう一度、あのときめきを胸の内にかき集めて報告に挑戦いたします。

あしながおじさん』の魅力というか、
読書の魅力のひとつとして「なりきり体験」というものがあると思います。
いわゆる疑似体験。
登場人物と同じように感じ、どきどき、はらはら。
ひとりの人間が実際に体験できることは限られていますが、
私たちは読書によって、
たくさんの体験を、とくに感情体験をすることができます。
そして、これこそ心を育てる魔法の力。
とまあ、これは読書論でよく言われることです。

そして、教えるという仕事もしている身としては、
本当にそうだ、そうだ、と思うわけです。
いえ、むしろ、感情体験としての読書体験の乏しさは、
子どもよりも、ティーンエイジャー、
そして大人になるにつれ、
かなり深刻な問題を生み出していると感じます。
共感力がとにかく弱い。
人間や人生に対するとらえ方が浅い。
これ、社会としては深刻なことですよ。

さて、いきなり読書の効用などを語ってしまいましたが、
あしながおじさん』こそ、
女子の感情体験として必読書だとかねてから思っていたものでして。
けれども、それはもはや幻想ですかね。
あしなが読書体験を通った女子は減少の一途をたどっているように思います。
「わかりやすい」設定の物語になれている今どきの小学生にとって、
一人称の手紙文というこの限定されたスタイルを読みこなすのは、
かなりの根気が必要かもしれません。

あしなが読書体験の魅力と言えば、
読み進むにつれ、主人公のジュディの感情と一体化していくところでしょうか。
今回の読書会のキーワードは「ときめき」でしたが、
いつになく共感する意見が多かったのも、
女子ならではのこの共通体験を通ったからかもしれません。

まだ原石の文才を見出され、
最高の教育環境によってのびやかに成長し、
友情ばかりか、最愛の人にも出会う、
しかもそのお相手が身近にいたこの上なく素敵な白馬の王子さまだった。
とまあ、たいての女子ならば大好きな舞台設定ですかね。
現代ではコミック的とも言えるでしょうか。
参加者のヒロッキーさんが、
『キャンディ・キャンディ』との類似を発見して下さいました。
なるほど。フランスの孤児院育ち、丘の上の王子さま・・・。
そういえば、フレッド・アステアの出演で映画化された『あしながおじさん
のジュディの設定は、フランス孤児院育ちという乱暴なものでした。
『キャンディ・キャンディ』がこれらを参考にしたかどうかは不明ですが、
ジュディというキャラクターが現代文学のヒロインに与えた影響は
大きなものだという指摘があります。
冒頭の画像で取り上げたペンギンクラシックスのペーパーバックの序論に、
ELAIN SHOWALTER という研究者が書いています。(英文なので怪しいのですが)
例えばジュディは、現代文学で言えば、
ブリジット・ジョーンズの日記』のヒロインなどへと受け継がれているのでは、
という考察です。なーるほど。
100年近くも昔に、恋も勉強も、仕事も結婚もという
前向きで溌剌とした女性像を描き出したのは、
画期的なことだったのではないでしょうか。
しかも、男性の庇護におさまらずに、なんとかプロとして自立したいと意欲を持ち、
実際にどんどん行動に移していくばかりか、
共に生きる家族がほしいと人間らしく切望するところなどほろりときます。
正直でいいですよね。
仕事と結婚生活のバランスは女性の永遠のテーマのひとつ。
この作品が今なお新鮮な秘密はこんなところにもあるかもしれません。

結局、女子読みについて書いてしまいました。
本当ならば大人読みについて書くのでしたっけ。
あしなが、に対する思い入れが強いひつじなもので、
つい書き過ぎてしまいました。

まずはここまでで第2回目の報告を閉じまして、
次回こそ、大人読みについてです。いよいよ。
(文責・向島こひつじ書房)


Recipe♯6 アメリカ女子大寮のおやつ風(クッキー&コーヒー)

ジュディの書く手紙には、食べ物の話がよく出てきます。たとえば、糖蜜キャンディー、ファッジ、焼きマフィンにマーマレードのマフィン、レモンゼリー、バスケットボールを型どったチョコレートアイスクリーム・・・いかにもアメリカらしい響きだと思いませんか。岩波少年文庫の解説によると、日本で最初の翻訳は大正8年(1919年)のようですから、その時代にあって、これらのハイカラなお菓子たちは、日本の女子たちの心にどのように響いたのですかね。調べてみると、初版の訳題はなんと『蚊とんぼスミス』! お菓子の訳語はどうだったのか気になるところです。原題の『Dady-Long-Legs』はあしながぐものことですからむしろ、あしながおじさん、とするよりは、より正確な翻訳ではあるのですけれど。でもね。やはりと訳題にもときめきを織り交ぜてほしかった。翻訳者が男性だったようですので、この辺の事情によって「蚊とんぼ」が誕生したのかもしれません。ちなみに、『あしながおじさん』という訳題が定着したのは昭和8年(1933年)の遠藤寿子訳からのようです。名訳!! さて、今回の読書会のレシピは、女子寮でのおやつの時間をイメージしてみました。コーヒーにクッキーという最強コンビ。飲み物は、ジュディの好きなコーヒーです。いわゆるアメリカンなのでしょうかね?


ジュディが最初の夏期休暇を農場で過ごす前に、ジャービス(つまりあしながおじさん)が大学を訪ねてきます。これは姪のジュリアに会うという口実で、ジュディの様子を見にきたようです。偶然にもジュディがジャービスを案内することになり、その時、構内のカフェテリアでいただいたのは珍しく紅茶でした。特別な場面であることを強調するための作者の仕掛けでしょうか。そこで、今回は紅茶も用意してみました。通りかかった紅茶専門店で「『あしながおじさん』のイメージの紅茶を」とリクエストしてみました。残念ながらその店員さんは知ってはいても読んだことはないとかで、最初、ルイボスティーを選んできました。おじさんだから? 女子会であることを伝え直しますと、シャンパンとストロベリーという組み合わせのものをすすめてくれました。ふだんはこの手の香料付きのものはいただかないのですが、ここは雰囲気第一ということで、試してみました。ところで、アニメでは、この二人の出会いの場面をかなり脚色して印象的に描いていましたっけ。アニメはすっかりラブストーリー仕立てにしてありますので、そのつもりで原作を読むと、拍子抜けするかもしれません。アニメにはラブシーンまでありましたよね。原作では、ないない。そんなものはいっさいありませんので念のため。