読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のための子どもの本の読書会

向島こひつじ書房が主宰する読書会ブログ

『ハックルベリー・フィンの冒険』は苦難の連続!?

読書会報告

いつもの拠点を飛び出して、向島のカフェにて初開催。場所が変わると気分もまた一新。とびきり豊かな時間となりました。店内の素敵な雰囲気にメンバーもリラックス。話し合いではそれぞれの人生観なども飛び出しますので、安心できる空気感が大切です。少しずつ顔見知りとなり、今回は特に議題を決めずとも、話し合いは自然にふくらみました。



今年最初の読書会は、骨太で読み応えのある作品となり、
さて、みんな読破できるかしら?
と危ぶみつつの開催となりました。

ふたを開けてみると予想通り。
半数が読みかけ組となりました。
長編ということもありますが、
入り込むまでに時間のかかるタイプの本だった
というのが大方の意見でした。

まず、「子どもの本」として読み始めると、
ハックの身の上に仰天して立ち止まるという第一関門が待ち構えています。
ハックは貧困白人層の家庭に生まれ、母親はなく、父親はアル中。
育児放棄と凄まじい暴力による児童虐待の話が続きます。
1885年に出版された作品ですが、
人間の事情は現代と何ら変わることなく、
いや、むしろ悪化していることを見せつけられ、
マーク・トウェインの人間観察の深さに驚かされます。

ハックがなんとか父親から逃げ出し、
いよいよいかだの旅が始まります。
逃亡奴隷であるジムを道連れにミシシッピ川を下っていくわけですが、
ここから先はエピソードの羅列のため、
ぼんやり読んでいるうちに置いてきぼりになりがち。
カヌーに乗っていたかと思うと、
川に放り出されたり、
いかだに乗っていたかと思うと、
上陸した地で何やらトラブルに巻込まれていたり。
いかだの旅と同じく行きつ戻りつ。
読み手の気持ちもすんなりとは進まなかったようです。
インチキ「王様」と「公爵」のろくでもなさが、
これでもか、としつこく描かれるところも読み手に忍耐を要します。

最後の関門は、トムが登場するくだり。
トムには逃亡の流儀があるらしく、
それがかなりまどろっこしい。
トムの登場以降は、ハッピーエンドにするための付け足しという説があるほど、
それまでのハックのありのままで素直な心の有り様と、
ジムの素朴な心との掛け合いとは雰囲気が変わるところです。

このように書くと、
いまひとつのような作品に思われそうですが、
いえいえ、こひつじ的には、
この機会にきちんと読破することができて本当によかった!
福音館版を3日間かけて読み、
ちくま文庫の完訳版も3日間かけて読み通し、
途中、にやにや笑いの連続でした。

どうしてまた、ハックだったのか?
第一回目から「女子好み」の作品で通してきましたが、
前回参加して下さった男子からのご提案により、
満場一致でこの少年物というジャンルに挑戦したという経緯です。
私たちの冒険心に火がついたのですね、きっと。

読書会を終えてみると、
この機会に読めてよかった、出会えてよかった、
と女子たちも口にしていました。
みんなで読むから乗り越えられる!
読書会の醍醐味をこれまでとは違った風に感じる2時間でした。

読書会の準備を通して、
こひつじはいろいろと知ることができました。
長い間出版市場にあるということは、
それだけ取り巻く歴史にも紆余曲折あるわけで、
このあたりがロングセラーに取り組む面白さでもあると思っています。
例えば、ヘミングウェイをしてアメリカ文学の源と言わしめた作品であったり、
黒人差別の用語を多用していることでアメリカの図書館では禁書となったり、
マーク・トウェインの人生も山あり谷あり、
成功したり、倒産したり、家族を失ったり、
最後には手のつけられないほどの悲観論者になってしまったり、
とまあ、話題はいくらでも掘り出せそうでした。
こういった周辺事情も含めて、
「読んでよかった」と思える一冊でした。

人生の荒波にざぶんと飛び込む前の年代、
つまり、ぜひ10代で読んでほしい。
これが全員の一致した意見だったように思います。
しかも、子ども向けに編集されたものではなく、
完訳に挑戦してほしいと思います。
私たちは日本語で読むわけですから、
翻訳ものの場合、だれの翻訳で読むかで、
まったくその読書体験の質が違ったものになります。
今回は最初に翻訳の読み比べを少ししました。
こんなに印象が違うものか、
と一同びっくりするような体験でもありました。
やはり、ハックを推薦して下さったかたの蔵書である
岩波文庫の西田実訳が秀逸でした。
ミシシッピ川沿岸のディープサウスの雰囲気がよく出ていました。

いちばん考えさせられたのは「奴隷」に対する
現代の感覚との大きなズレでした。
奴隷の逃亡を助けることが
白人として大罪になるというハックの葛藤がこの物語の要です。
奴隷とは言え「人」だから当然だと私たちは思ってしまうのですが、
当時、奴隷は財産のひとつ、つまり「物」として考えられていました。
マーク・トウェインはこの問題を書きたかったのだろうか云々、
と話し込む場面もありました。

でも、この物語の扉には、
ちゃんとこんな警告があります。

「この物語はどんな目的で書かれたものなのか、
なんて考える者は、裁判に訴えられるぞ。
この物語のなかに教訓を見つけようとする者は追放されるぞ。
この物語のなかに筋書きを見つけようとする者は射ち殺されるぞ。
著者の命により警告する。
兵器部長 G・G」
(筑摩書房『ハックルベリ・フィンの冒険』より)

というわけで、このあたりでご報告はおしまいにしたいと思います。

なんと持ち寄った本の訳が全部違いました。こひつじは詩人の加島祥造訳で読みました。ひっかかりなく読める文体で、原文に忠実という翻訳姿勢も素晴らしいのですが、西田実訳に比べると、少し上等なハックルベリという印象です。『赤毛のアン』で著名な村岡花子訳もありましたが、こちらは村岡節とも言えるやや時代がかった言い回しが特徴。最近のものでは、角川文庫で完訳版が読めるようです。


話し合いがひとしきり終わり、最後はこんなスイーツでほっこりしました。会場となった東向島珈琲店のマスターが毎日焼いているそうです。ベイクドチーズケーキはこひつじの大好物。うれしっ! おいしっ! とはしゃいでしまいました。地元出身のマスターは、読書会立ち上げのときから応援してくださっている頼りになる存在。心から感謝いたします。

ロシアのデザート。名前は何だったか。


次回の読書会は4月7日(土)11時〜13時 こすみ図書で開きます。
課題図書は『足ながおじさん』です。著者のウェブスターの母親はマーク・トウェインの姪にあたります。
この日は、こすみ図書のある鳩の街商店街でふるほん日和というブックイベントが開かれます。
ぜひ、あわせておいでください。ふるほん日和
単発での参加も可能です。だれでも入りやすい雰囲気の集まりですのでお気軽にどうぞ。

あしながおじさん (福音館文庫 古典童話)

あしながおじさん (福音館文庫 古典童話)


ウェブスター本人の挿絵のものがおすすめ。

詳細はまたブログにてご案内いたします。

(文責・向島こひつじ書房)