読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のための子どもの本の読書会

向島こひつじ書房が主宰する読書会ブログ

「こどもの本の読書会」とは?

懐かしいあの本に、もう一度会いませんか?

f:id:kohitsuji_kosumi:20130726113625j:plain

ロングセラーを中心に、
子どものために書かれた本を、
大人になった今、あらためて読んで、
みんなと語ってみれば、
あら、フシギ。
なんだか心がわくわくする。
そんな楽しみを分かち合いたくて始まった読書会。
本好きさんの、ゆるかやなサードプレイスになればと思っています。
ときには、女子会、
ときには、世代を超えて、
ときには男子もたくさん。
とにかく気軽に参加できる雰囲気なので、
まずは一度、ごいっしょにいかがですか ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大人のための子どもの本の読書会」のこれまで

2011年
3月 向島ひつじ書房、こすみ図書が地元の墨田で出会い、読書会結成。
6月 最初の読書会をこすみ図書で開く。課題図書はムーミンシリーズ。
・月に一度、土曜日の午後。課題図書をイメージした気軽なお茶会付き。
・会場は、こすみ図書、墨田聖書教会、ときどき地元のカフェ。

2012年 
隔月の土曜日午後に変更。

2014年より
不定期開催。各季節ごとに1回は開催。

特別企画として、
・7月または8月「赤毛のアンの10年読書会」(毎年、シリーズを一冊ずつ読みます)
・12月「絵本のクリスマス読書会」

2016年 
12月 こひつじこすみでは最後の読書会。課題図書『ムーミン谷の冬』
こすみ図書、 転居に伴い卒業。
4月 向島ひつじ書房、オオグリとしょかんのコンビで再結成。課題図書『山のトムさん』石井桃子

主宰者紹介

向島ひつじ書房
主宰・宮葉子。出版社を経て、ライターに。現在、文筆家としてエッセイ等執筆。「向島ひつじ書房」は地元の本活動の屋号。(本屋さんではありません)。文章指導や絵本を使ったワークショップなども行っています。ふだんは墨田区の米軍兵舎を再生した小さな教会の牧師の奥さんとして、「こころのごはん」を提供中。著書に『アンが愛した聖書のことば-赤毛のアンを大人読み』他。
(ブログ・牧師館のお茶会http://annestea.exblog.jp/)

オオグリとしょかん
「オオグリとしょかん」はトランクに本をつめて公共交通機関+人力で運ぶ 「としょかんの出前」♪ 運営している司書は おおぐり@gurinori
twitter.com
f:id:kohitsuji_kosumi:20160423205359j:plain
こすみ図書2016年4月卒業 !
墨田区向島・鳩の街商店街にある空き店舗をみんなで小さな図書館に再生しました。まちとアートと人がつながる空間として、ゆるやかに進化中。
(ブログ・こすみ図書http://kosumitosyo.blogspot.com/)

 これまで開催させていただいたカフェのご紹介
 ・東向島珈琲店(墨田区東向島)
 ・玉ノ井カフェ(墨田区東向島)
 ・向島お静(墨田区向島)
 ・カフェエクレシア(台東区蔵前 )